2007年10月06日

ひっくり返せるかな。

近頃DRC(Digital Room Correction)にすっかりはまってしまっています。ここでいうDRCとはなんぞや、ということを簡単に言えばSPの周波数特性と位相特性をほぼ真っ平らにしてしまうソフトのことです。周波数と位相が真っ平らといえばDEQX PDC2.6が近頃名前を知られるようになってきましたが、あれの補正機能とほぼ同じようなものです。DEQXについてalphaさんNGAさんのレビューを読むと、周波数と位相を真っ平らに補正する機能は非常に素晴らしいものだと思えてきます。

さて、それをPCで実現するDRCのインプレッションですが、何の工夫もないPCからE-MU0404USBにつないでステレオミニプラグ/RCA変換プラグを通ったアナログ出力である(長/笑)ということを差し引いて考えると、非常に素晴らしい効果が得られていると思います。現状でもうちのCDPをブチ抜いてしまっていることので、真っ当なDACを使えばどうなるのだろう、と今から楽しみで仕方ありません。

DRCを通した音ですが、DEQX PDC2.6と同じように非常に自然な音になるんですね。音場も音像もあくまで自然なリアリティを感じさせてくれます。一つ一つの音もあくまで自然で誇張が無く、安心して聞くことができます。たっぷりドーピングして現実世界を超えたリアリティも素敵ですが、このような音もありなんだなぁ、ということをしみじみ感じています。

具体的なやりかたについてはumemeさんao_cappuさんのページに詳しいのでご興味のあるかたはぜひ実践してみて下さい。というよりも、オーディオをやっていてPCを持っているのであればUSBやIEEE1394のオーディオインタフェースを買って実践してみて下さい。高級ケーブルやアクセサリを導入するより安くこの音を手に入れられることを実践して感じて欲しいと思います。

#ご要望とあれば一式持って伺います〜。

posted by Akimitsu at 01:33| Comment(6) | TrackBack(0) | PCトランスポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月30日

夏休み。

ということで今日で夏休みが終わりです…学生最後の夏休みにオーディオ経験値大幅アップで素敵な夏休みでした。お世話になった皆さん、ありがとうございましたm(_ _)m

ということで、8,9月のまとめです〜。

  • hyroさんの家へ遊びに行きました。LinuxトランスポートとKrellのCDプレーヤとの違いに驚きでした。組み込みLinuxとかを使って簡単操作のPCトランスポートを作ってみたいですね〜。
  • びーぐるさんの家で測定しつつSTW合わせ第2弾〜。アクリルの治具がちょうどSPのエンクロージャの境目に収まっていい感じでした。低域の調整もできるようになりたい今日この頃です。
  • alphaさんの家へ遊びに行きました。今回もBB5の迫力にやられました。BB5をマルチで鳴らされるそうで、また遊びに行くのが楽しみです。
  • My Music Styleというイベントに行ってきました。たっぷりと耳をレイプされてしまいましたOrz。知り合いの知り合いの素人の人が「こんな音じゃダメなのよ!」って怒っていたのが印象的でした(笑)
  • 5555の7F店長主催のイベントに行ってご飯を食べて親交を深めてきました。第1部はで音を出していたみたいですが…(笑)

ということでお世話になった皆さん、ありがとうございました〜。経験値が上がった分、ここでまた色々と書いていくので、短文お許し下さいm(_ _)m。

posted by Akimitsu at 16:54| Comment(0) | TrackBack(0) | オフ会記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月15日

3つの耳

人間には左右で二つ耳がついています。音楽を聴くときは左右についている耳で十分ですが、いざスピーカを調整しようとするときはもう一つの耳、機械の耳の助けを借りる事が重要だって事に気付かされました。

何をしていたかというと、SPの上にちょこんと乗っているスーパーツイータの調整です。実はスーパーツイータの調整って非常に難しくて、1mm単位で音が変わってしまうのにほとほと困り果てていました。これがなぜかといえば、スーパーツイータの担当する周波数領域における波長が数cm(例えば、15kHzでは22.7mm)になってしまうからなんですね。こうなると5mm程度動かしただけで位相が90°くらい回ることになるので、元のTWの位相にぴったり合わせるのは至難の業なわけです。耳で合わせることも無理ではないのですが、高域で位相がきっちり合っているかどうかを聞き分けるほどの耳を持ち合わせていないので機械に頼りました。さらに突っ込んでみたいところですが、思いっきり物理のお話になって長くなりそうなので、別枠でまたそのうち…(笑

さて、やり方です。まずはumemeさんのページにあるように測定環境を整えます。音量などの設定が終わったら、リアルタイムアナライザを見つつ山が1つになるようにスーパーツイータを前後左右に動かしていきます…と、画像があればわかりやすいのですがまだキャプチャしてないのでとりあえずテキストだけアップすることにします。画像は後日〜。

で、出てきた音は今まで聞いたこと無いほどリアルな音でした。もともとBoleroGrandeはいい音でしたが(←身内びいき?/笑)さらに輪をかけて素晴らしい音になりました。ピアノやドラムの立ち上がりや一音一音のテクスチャ、音場の広がりや見通しの良さまでがこんなにもよくなるとは思いませんでした。

それにしても、こういう環境が個人で手に入る現代はいい時代ですね〜。少なくとも物理学的な特性については、測定という手段を通じて「数字に基づいた議論」ができるようになったわけです。今までほとんど文学的な言葉でしか語られなかったオーディオの世界に数字を使えるようになって…これからが楽しみです。

posted by Akimitsu at 21:29| Comment(2) | TrackBack(0) | セッティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月15日

直結。

直結、いいですね…。ヒューズを直結するだけでこれだけ悠々と伸びやかに鳴るのを聞いてしまうと戻れませんよ。

#こうなったら電源ケーブル直結…かなぁ(苦笑

posted by Akimitsu at 23:26| Comment(2) | TrackBack(0) | システム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月11日

既出だったらごめんなさい。

常識だったらごめんなさい、ということで。

PCトラポネタですが、再生ソフトのpriorityをrealtimeにした方が何となく音がよくなる気がします。PCのSPなので非常に微妙ですが…。PCトラポ使ってる方、ぜひ一度お試しの上、ぜひぜひ実験結果を教えて下さい。個人的にはrealtimeの方がなめらかで伸びやかで好みでした。

具体的には、windowsXP(2kも?)であればタスクマネージャで再生ソフトのプロセスを右クリックして、set priority(優先度の設定)→realtime、でOKです。Alertが出ますが気にせずどうぞ〜。

で、realtimeの方がいいということであれば、プレーヤを起動するときに優先度:リアルタイムで起動するようにしてしまいましょう。プロセスを探す必要もなくて、とても便利です。

posted by Akimitsu at 23:47| Comment(2) | TrackBack(0) | PCトランスポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月18日

球。

何かに使えそうな球がたくさん。SiCとかはちょっと萌えたりします(爆)

posted by Akimitsu at 22:47| Comment(2) | TrackBack(0) | オーディオアクセサリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月12日

祝復活。

島田さんが復活されたようです(・∀・)イイ!!気軽に行くには少々遠いですが、いざというときに頼りになりますね♪

島田さんのお店(?)はdearaudioというそうです。dear audio、で親愛なるオーディオ、と取れば正統派な名前ですし、高価なオーディオ、と取るとう〜ん、と唸ってしまいますが、いずれにせよなかなか素敵なネーミングセンスですね(笑)。ほんとかいな、と思う人はぜひalcで"dear"を引いてみて下さいね〜。

posted by Akimitsu at 01:24| Comment(1) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月16日

新築する方は必見!

さて、書くと言いつつ今まで書いていなかった新築の対策を…。とりあえずざーっと書いていくので、分からないところなどがあったらコメント欄で〜。

オーディオ用についてはいままでさんざん書いたのでそちらを参考にしてもらうとして。

  • 契約は従量電灯Cで。
  • 引き込み(SV/DV38sq以上)→(CV22sq以上)→オーディオ用分電盤→家電用分電盤とつなぐ。
  • fujikura製のCVを使用する。(1次側)→arukijuf→(2次側)になるように配線する。
  • 屋内配線はVVRを使い、電話線やTVアンテナ線、LANケーブルなどとはなるべく離す。
  • スイッチ類は松下電工コスモシリーズワイド21絶縁枠。石膏ボード用のはさみ金具は使わない。
  • 家電用コンセントはME2851(背面ネジ+内部の四角ナット交換)かFP-15A(Cu)
  • コンセントやスイッチはステンレスねじマグネシウムねじチタンねじで留める。
  • ノイズ対策(AuriCAPをつけるとか…)は家電用コンセントに。
  • コンセントやスイッチにつないだ電線を無理のない範囲でツイストする。
  • 分電盤のブレーカに接続する電線も無理のない範囲でツイストする。

新築の方は参考にしてみて下さいね…電気屋さんに相当嫌な顔をされるかも知れませんが(笑

posted by Akimitsu at 16:22| Comment(10) | TrackBack(1) | 電源工事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月04日

2007年

あけましておめでとうございます。今年も皆様の電源環境の整備に役立つように頑張ろうと思います。

とりあえず新築用のネタと細々としたネタを少しずつ書いていくのでまた今年も見て下さいね。よろしくお願いします。実践した方はぜひレポートを〜。

posted by Akimitsu at 22:15| Comment(2) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月30日

その口を塞いでくれよう

ということで、SPの前面にぽっかりと空いているバスレフポートにタオルを詰め込んでみたわけですが、これがもうケーブルの変化なんてかすんで見えてしまうくらい効きました。すごいですよ。もう、音像の見え方、音場の透明感、奥行き、広がり。全てが驚くほど向上していました。

さらに、音のリアリティがおかしいくらいアップしているんですよ。ヴォーカル、ギター(アコ/エレキ両方ですよ)、ピアノ…もう、今まで何を聞いていたんだろうというくらいリアルな音がオーディオから出てきています。

とはいえ、副作用も当然あるわけで。打ち込み系の持続する低音が出ないんですね(汗。自分は低音を聞く方ではないので、結構どうでもよかったりしますが…(笑。それ以上にメリットが大きすぎてやめられません。低音はコーナーに近づけて増強するという手段もあるので何とかなるでしょうし、何とかしたいと思います。今はかなりコーナーから離れたところ(とはいえ6畳ですからたかが知れていますが/笑)にセッティングしてあるので、また少しずついいポイントを探って「とらべる・スピーカー」になると思います。

で、スピーカから音が出てくるということは厳然とした物理現象ですから、ここに言い訳の余地はないわけです。当然のことながら室内に定在波やフラッターエコーが立ちますし、マルチウェイSPであればユニット間の位相差やそれぞれの受け持ち帯域の違いなどが出てくる音に影響を与えるわけです。

さらに、どのようなアンプやスピーカを持ってきたとしても、室内の振動モードからは逃げられないわけです。一部のアンプでは関係ないと言っていますが、物理現象を理解していないのではないかと思ってしまいます。理論が全てではなく、出てきた結果が全てを物語ることは承知していますが、少なくとも今まで営々と築かれてきた古典物理学がその程度のことでひっくり返されるわけがないと思いますがいかがでしょうか。

話は長くなりましたが、結局の所スピーカをどう鳴らしてあげるか、ということがオーディオでいい音を出せるか出せないかの勝負なのかな、と思います。周波数応答がフラットではない閉鎖された部屋の中で、空気の振動の源であるSPをどこにどう置くか、そのSPを駆動するアンプが100%の力を出せているか、そのアンプにどれだけの情報を送り込めるか。やっぱりこれらが重要なんだと思います。それが、この頃よくこのBlogでも話題にするセッティングの重要性や電源の重要性のもととなっているわけなんですね。。

で、どうやって機械の力を引き出してあげるかといえば、それはやっぱり機械と部屋とつきあっていく中で機械から教えてもらうしかないのかな、と思います。置き場所を動かしたりケーブルの取り回しをかえてみたり。そういう変化に対してどのような変化が起きるかは当然機械によってそれぞれ違うわけですから、結局やってみるしかないわけです。

やっていく上では、いくつかののセオリーが選択肢として頭に浮かぶわけですが、どれか一つだけで解決するということってまず無いと思います。いくつかを混ぜてみたときの方が好ましい結果が得られることが往々にしてあり得ます。どれか一つ、と決め打ちしてしまった方が気分は楽ですが、それで失ってしまうお金と時間はあまりにももったいないかな、と思います。

説教調で申し訳ありません…。若さで許してください(笑

posted by Akimitsu at 02:53| Comment(3) | TrackBack(0) | セッティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。