2007年11月30日

3.5連休まとめ〜

というわけで怒濤の3.5連休でした。全部で17システム聞いたことになります(笑)お世話になった皆さん本当にありがとうございましたm(_ _)m。

今回感じたのがデジタルの可能性ですね。DRCでもその片鱗は感じていたのですが、今回デジタルマルチとデジタルカーオーディオで確信…です。アナログじゃできない芸当を簡単にやってのけるデジタルの力とアナログのアンプの力を上手に組み合わせてオーディオをやっていきたいなぁ、と思った連休でした。

posted by Akimitsu at 23:10| Comment(1) | TrackBack(0) | オフ会記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

番外編。

ついで…というわけでもないのですがjeさんの行きつけの右京パパさんのお店、B-styleへ。車屋さんなのに事務所にはカーオーディオだらけ。コンテストで入賞した賞状があったので是非…ということで聞かせてもらうことにしました。

さっそくX3に乗り込んでエンジンをOnにして音楽を流すと…嬉しいような悲しいような複雑な気分に。普通のオーディオが真っ青になるくらい目の前に音場が展開して音像が定位しているんです。音の出方も非常にスムーズだし刺々しくないし…。こんな音がカーオーディオから出るか〜ってカルチャーショックでした。右京パパさんに横で説明していただいたんですが、結局ここでもデジタルが大活躍(笑)イコライザ、チャンネルデバイダ、ディレイ等々きっちり調整するとここまでできる、ということを普通のオーディオでもカーオーディオでも確かめることができたのは貴重な体験でした。

で、空港までの道中、同様にセットアップされたjeさんのRoadsterでも同じでした。ipodからカーオーディオであれだけ楽しめるデジタルパワー万歳…ですね♪

posted by Akimitsu at 20:32| Comment(1) | TrackBack(0) | オフ会記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Altec王子

N木さんの家を後にして途中で別のN氏の家に寄ってからjeさんの倉庫(笑)へ。相変わらずだだっ広い倉庫にAltecが鎮座している姿は壮観ですね。システムの詳細はjeさんのBlogを見て下さい。

さて、ここでもDEQX導入ということで…なんか自分が流行らせた、と彼らは主張するのですが決してそんなことはありません(笑)話を本線に戻しますが、やっぱりDEQXはオーディオ界最強のツールの1つだと思います。これ1つで位相・周波数ともフラットにした音が実現できるんですから。ぁ、決して回し者じゃないですよ(笑)

ということで補正した倉庫の音を聞いてみたのですが…予想通り元に戻せなくなりました(笑)。もとの音はもとの音でバッチリ楽しく聞けるのですよ。Blogにあるようにjeさんがたっぷり手をかけたシステムですから。ただ、DEQXを通すとシステムの特徴はそのままにオーディオ的クオリティが3段とばしくらいで上がるんですよね。ヴォーカル(に限りませんが)の音像がAltecのサイズから想像もできないくらいのサイズの実の詰まったものになって思わず(*´д`*)ハァハァしちゃいました。

そして翌日26日の午前中にサブシステムを聞きに行きました。こっちはmhiのEvidenceというスピーカだったのですが、これはこれでおいしいですね〜。真空管で鳴らしてまろやかな音をまったり聞く分にはこれでもいいかなぁ〜と思わせるような感じでした。きっちり追い込んだ音も聞いてみたかったですがまた今度にとっておきます。

posted by Akimitsu at 20:06| Comment(1) | TrackBack(3) | オフ会記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新旧対決?

さぁ、橋を渡っていざ徳島へ♪ということで、まずはjeさんのBlogに時たま出てくるN木さんの家へ行きました。そのN木さんのシステムはEsoteric X-03→DEQX PDC-2.6→Marantz SC-7S2→FAST M300II→B&W N802D、です。

…DEQXのあるなしで面白いくらい音が変わりますね(苦笑)基本的に全ての面でDEQXありの方がいい音がするのが悔しいというか予想通りというか。あれだけきっちり鳴っているN802Dは初めて聞きました、ってくらい素晴らしかったです。

その後、こんなのあるんだよねぇ…といって出てきたのが出水電器新作のアンプAllion ultimate T100。まさかこんなところで聞けるとは思っていませんでした。早速つなぎ替えて聞いてみると…あっさりとMarantz&M300IIペアを追い抜いてしまいました。なんじゃこりゃぁ、って感じですよ。T1-Sのお値段据え置きでこんな物作られたら悔しいじゃないですか、まったく…。

posted by Akimitsu at 14:20| Comment(1) | TrackBack(0) | オフ会記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オトナサウンド

3日目の最初は4年ぶりくらいのしゅうへいさんの家へ。Linn MajikCD→MarkLevinson No.38SL→Classe CAM-200→Infinity Renaissance90という、しゅうへいさん曰く女性ヴォーカル専用なシステムが相変わらずキレイな木工細工に囲まれていました(笑)。

そんなしゅうへいさんのシステムからはうっとりするようなオトナな音が出てきます。Linn→MarkLevinson→Classe、という名前から想像する通りの音、というかそれぞれの機器の長所を美味しく引き出してあげたような感じです。ヴォーカルかけながらうとうとするには最高ですね♪

posted by Akimitsu at 14:03| Comment(1) | TrackBack(0) | オフ会記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オーディオ機器冥利

続いて神戸のNさんの家へ。広いリビングにオーディオが置いてあって普段は奥様がお使いになっているというオーディオ機器冥利に尽きる(何)システムでちょっとうらやましいです。そんなシステムですがWadia WT2000 or MacMini→Wadia Digilink→Wadia2000 96VerUP→MarkLevinson No.26SL BAL→Pass X350→System5.1というフルアメリカンなシステムです。

さて、ということで音楽を流してみると、これだけ主義主張の強そうな機械たちが勢揃いしていたにも関わらず、気持ちよく聴けるバランスの音が出てきたのには少々驚きでした。熱すぎずクールすぎずオーディオタームを主張するわけでもなく…奥様が日中聞いていられる秘訣がここにあるような気がw

そのNさんですがオーディオやっている人の中では珍しくきっちり理系の言葉でお話しできる方でした。なかなかそういう方に巡り会うことは少ないので、深夜までたっぷりと話し込んでしまいました(笑)。

posted by Akimitsu at 13:51| Comment(0) | TrackBack(0) | オフ会記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

次から次へ。

次はnextyleさんちの近所の親子オーディオマニアなSさんの家へ。

まずは息子さんの方から聞かせていただいたのですが…部屋の左側の壁と正面の壁が機械で埋まっている絵にはビックリしました(笑)古めの機械が多かったのですが、古さを感じさせない音で楽しく聞かせていただきました。特に印象に残ったのがRCAのLPプレーヤからAltecのSP1本で鳴らすモノラルのブルースですた。これ以上ないくらい渋くて涙が出そうでしたよ…(爆

さて、続いて親父さんの部屋…というかオーディオ専用の建物へ(笑)ここも同じく壁2面に機械が広がっていました。Sig800とWestminsterRoyalとJBLのツイータ+ウーファ(マルチ)の3つを聞きましたが、それぞれがそれぞれで魅力があってとても面白かったです。マルチ病患者にな自分にとってはJBL萌えでした(笑)息子さんの部屋でもJBL4343(かな?)が鳴っていて結構好きだったので、もしかすると結構JBLが好きなのかもしれません。

結局ここでは都合6つのシステムを聞かせていただきました。これだけ一気にきちんと調整されたシステムを聞き比べるのもなかなかない経験で楽しかったです♪

posted by Akimitsu at 13:23| Comment(0) | TrackBack(0) | オフ会記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小型2way萌え〜

次はnextyleさんのおうちへ。どちらかといえばシンプルなNextyleさんのシステムからは至って普通の音が出てきます(笑)。ちょっとだけ音色が甘めなのはnextyleさんが女性ヴォーカルをメインに聞くからだと思いますが、結構そういう音色は好みな方なので…特に女性ヴォーカルは萌えつつ聞いていました(笑)

なんとなくmoonriverさんの家の音を彷彿とさせるような感じがあって、やっぱり小型2wayはいいなぁとしみじみと感じました

posted by Akimitsu at 13:07| Comment(1) | TrackBack(0) | オフ会記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マルチ病発病w

オーディオ三昧3.5連休の最初は、デジタルマルチで時代の最先端を突っ走っているumeme7171さんの家へ。うちも相当機械や信号に手を入れている方ですが、umemeさんには全く敵いません(笑)

…さて、困ったことにumemeさんのシステムの音を聞いた後、耳がすっかりマルチ病になってしまいましたよw全体のバランスも抜群にいいのですが、それ以上に中高域の描写が恐ろしく細かく情報量も豊かですっかりノックアウトされてしまいました。全体のバランスについては自宅でDRCを使って周波数・位相とも真っ直ぐに揃えた音と共通に感じるのですが、情報量の面でがっつり負けてしまっていますOrz。やっぱりネットワークを使った音には限界があるなぁと改めて感じました。

ここで1つ実験をすることに。ツイータに対するウーファのディレイをちょいちょいとリスニングポジションで弄る実験なのですが…。0.02ms(!)変えるだけで音がコロコロと変わっていきます。波長に換算すると6.8mmデスよ。ウーファの受け持ち帯域が100Hzくらいまでとしても波長は3.4mなわけで…それに対する6.8mmって誤差の範疇です(泣)それで音が変わってしまうあたりがオーディオの辛いところでもあり楽しいところでもあると思いますが(苦笑)

ということで、将来的にはデジタルでマルチをやるしかなくなってしまいました(苦笑)マルチって調整項目が激増するので泣けるんですが頑張ろうと思います。

posted by Akimitsu at 11:52| Comment(0) | TrackBack(0) | オフ会記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月29日

StellaMelodyはいいSPだ。

11/17はmoonriverさんの家に遊びに行きますた。

…やっぱりStellaMelodyはいいスピーカーだと思うわけですよ。moonriverさんはクラシック専門ですが、そこで別のジャンルの曲をかけても美味しく鳴ってくれました。音楽聞きつつ、やっぱりBoleroGrandeの方が辛口な音かなぁ…と思いつつだらだらだらだらと喋ってました。この頃OFF会って遊びに行って喋ってる時間の方が長い、っていうパターンが多い気がします(笑)

posted by Akimitsu at 21:14| Comment(1) | TrackBack(1) | オフ会記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月30日

夏休み。

ということで今日で夏休みが終わりです…学生最後の夏休みにオーディオ経験値大幅アップで素敵な夏休みでした。お世話になった皆さん、ありがとうございましたm(_ _)m

ということで、8,9月のまとめです〜。

  • hyroさんの家へ遊びに行きました。LinuxトランスポートとKrellのCDプレーヤとの違いに驚きでした。組み込みLinuxとかを使って簡単操作のPCトランスポートを作ってみたいですね〜。
  • びーぐるさんの家で測定しつつSTW合わせ第2弾〜。アクリルの治具がちょうどSPのエンクロージャの境目に収まっていい感じでした。低域の調整もできるようになりたい今日この頃です。
  • alphaさんの家へ遊びに行きました。今回もBB5の迫力にやられました。BB5をマルチで鳴らされるそうで、また遊びに行くのが楽しみです。
  • My Music Styleというイベントに行ってきました。たっぷりと耳をレイプされてしまいましたOrz。知り合いの知り合いの素人の人が「こんな音じゃダメなのよ!」って怒っていたのが印象的でした(笑)
  • 5555の7F店長主催のイベントに行ってご飯を食べて親交を深めてきました。第1部はで音を出していたみたいですが…(笑)

ということでお世話になった皆さん、ありがとうございました〜。経験値が上がった分、ここでまた色々と書いていくので、短文お許し下さいm(_ _)m。

posted by Akimitsu at 16:54| Comment(0) | TrackBack(0) | オフ会記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月04日

信じていたのに

PCトランスポートなら、と期待をしていたのですが、見事に裏切られてがっくり気味です。

精神衛生上よろしくないのですよ。取り込むCD-ROMドライブで音が変わるとか、SACTで磨いてから取り込むと音が良くなるとかw非常に痛いことを言っているような気もしますが、実際わかるレベルの差が出て聞こえたのですから仕方ないです。理論的に最もあり得ないレベルのお話で、どうこじつけたらいいのか分かりません。誰か教えて下さい。

具体的には、LG電子製のドライブとLiteOn製のドライブで音が違うんです。HDD上のデータはバイナリ一致しているのに。で、これでやめておけばいいのに、ついでだからSACTで拭いてみようということに。これで変わったら世の中間違ってるよね〜的なノリで取り込んで聞いてみると…見事にSACTで拭いた音になっているんですよ。こちらも当然データとしてはバイナリ一致しているわけです。もう、何を信じろというのでしょうか。

思いついた解決策としては、フラッシュメモリから起動する取り込み専用のマシンを用意してPCトラポ本体と切り離すとか、結局やってることは普通のCDトランスポートと同じだという非常に頭の悪いことしか思い浮かばないわけですよ。もう、ダメダメです。

にしても、理論的にどうだこうだと言うだけで実際手を動かさないことのもったいなさに改めて気づきました。とりあえず気づいたことは何でもやってみるべきなのかもしれませんね、オーディオって(笑。「ありえないよ、そんなこと」はこれからはなるべく言わないようにしようと思った文化の日でした。

posted by Akimitsu at 23:28| Comment(9) | TrackBack(0) | オフ会記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

思い立ったが吉日

思い立ったが凶日な気もします。

実験と理論は科学の両輪です。

やってみようと思ったことはその場でやってみてから考えましょう。

やってみないでどうこう言う資格はないと思います。

デジタルオーディオさっぱり分かりません。

明日に続く。

posted by Akimitsu at 11:00| Comment(1) | TrackBack(0) | オフ会記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月25日

倉庫。

さて、滋賀から徳島へと移動して、一部では非常に有名なjeさんの家へ遊びに行ってきました。27畳の倉庫でオーディオ、という恵まれている環境ですよ。羨ましい限りです。そうそう、前のumemeさんの家もコンクリにクッションフロア直貼りの床のLDK20畳…広い環境にずっといて家に帰ってくると泣きそうになりますよOrz

さてさて、愚痴はこの辺にしておいて(笑)。徳島に着いた初日はとにかくあちらへこちらへ。まずはjeさんの寝室オーディオから始まり、異様な枚数のJazzのLPを持っているPC屋のおじさんのところ、マランツのプリメインアンプで802Dをガンガン鳴らしてるオーディオショップ(ただし音色が好みと違いましたが)、油そば屋、Swingと回り、jeさんの倉庫へ。そうそう、Swingでアルバイトをしていた女の子が学部時代のサークルの女友達にそっくりでちょっとびっくりしました。で、結構笑顔が可愛かったので徳島に行ったときはまたSwingに行くことでしょうw

閑話休題。

ということで着くなり早速聴くことに。使ってる機械が相当古いのでどれほど古い音がするのかと思いきや、案外(・∀・)イイ!!感じの音がします。とはいえ、高域の抜けというか、軽やかさが少々足らないように感じました…酒が入っていたので耳が少々悪くなっていたということもありますが。

ただ、中域の訴えかけてくる力はさすがだと思わされるところがありました。しっかりとミュージシャンのメッセージを伝えてくるというか…こういうところがあまり伝わってこないようなシステムも時折ありますが、jeさんのシステムはここをとてもよく伝えてくれます。聴いてて相当気持ち良かったです♪

で、しばらくはCDをかけていたのですが、やっぱりこちら、ということでLPへ。比べるのはCDに酷、といわれるかもしれませんが、やっぱりLPいいです。umemeさんの家でもUltralinearさんの家でも感じましたが…やっぱりLP行くしかないんでしょうか。茨の道へ。…オリジナルと他の盤で音が違うとかやめて欲しいんですけど、全く…。

さてさて、音楽の後は倉庫2chシアターを満喫することに。紅の豚を見たのですが、普通に最後まで見てしまいました(笑)見ていて疲れないというか…Marantzの安いプレーヤに普通の液晶PJに、80inchのスクリーンという力の抜けた構成なのですが、これが普通に見られてしまうところがすごいというか。大画面どどーん、もいいですが、お手頃シアターもいいかなぁと思う今日この頃です。

さらに映像の続き。PJの電源ケーブルを換えて色乗りが変わるとかやめて欲しいんですけど…(泣)SwingGirlsで実験したんですが、金管楽器の色乗りが電源ケーブルで変わっていくのを目の当たりに。これなら音は電源ケーブルで変わらない!と言っている連中を納得させられそうです。超高圧水銀灯はかける電圧でスペクトル分布変わらないはずなんですけど。納得いきませんが、変わったのを見ると納得せざるを得ないところが泣けてきます。

で、一晩あけて翌日。jeさんが聴く前にちょいちょいといじっていたのは見ていたのですが、ほんのちょいちょいでぐっと満足度がアップしたのは正直驚きでした。SPや部屋との付き合いが長いからでしょうか、大体何をどうすればどうなる、というのを把握しているようです。流石ですねぇ。うちもそろそろ今のシステムとのつきあいが長いのですが、そこまではなかなかたどり着けていない状況ですよ。鍛錬あるのみ、ですね。

ということで、はるばる徳島まで行っていい経験ができました。徳島へ行く用事がある方は是非どうぞ(笑)

posted by Akimitsu at 02:09| Comment(1) | TrackBack(3) | オフ会記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

剛胆さと繊細さと…んでもやっぱり楽しいのが一番♪

月曜日の夜に大阪に来いと言われ、水曜日の朝1番の新幹線に飛び乗ってるあたり、尻が軽いなと思うわけですが。

ということで、せっかく関西に行くんだから、と言うことで、前々から気になっていたumemeさんの家へ音を聴きに行ってきました。測定できっちり合わせた音は果たしてどんな音がするんでしょう?

1日目は到着が遅かったので、軽く音を聴かせていただいて翌日にしっかり聞くことにしました。とはいえ、軽く聞いた時点でも実力の片鱗はしっかり見えてきて、もうわくわくどきどきです。

さて、一晩ぐっすり寝てお昼を食べてしっかり音を聴くことに。いろいろと聞きましたが、ガンガンくる音と繊細な音が両立しているこのシステムって一体…と思いました。ガンガン来ても棍棒でぶん殴られるような音ではなく、楽器や声の質感は非常に美味しいです。正直システムにお金をつぎ込む意味って何処にあるんだろう?って考えさせられました。

と、そうやって眉をしかめてしっかり聞くのも悪くないのですが、umemeさんのシステムはそんなことしないで音楽聴こうよ♪と呼びかけてきます。そこで、もうその誘惑に身体を任せ、最初に頑張って聴いた後はもうしっかり音楽を楽しんできました。八神純子や久保田早紀のLPにやられ、久保田早紀のライブ映像にやられ、いろいろakustikaさんのおすすめCDにやられ…ソフトもいい物を次から次へと。ヴォーカルやギターが好きな身としては、そのあたりがとても美味しく鳴るumemeシステムにはやられる一方です(笑)当然上下もしっかりと伸びているので、不満もほとんど無く音楽に浸る一方でした。

と言いつつ、自分の持って行ったソフトをかけたときは、ヴォーカルの音かぶりや空間の透明感、音像の立体感の表現のところが気になるあたり…ちょっと病気ですねwumemeさんもこのあたりは気になる…と言っていたので、そのうちなんとかされることでしょう。デジイコで部屋の補正をかけているとのことなのですが、今回は外れていて…残念。次は是非フル装備の時に遊びに行きたいですね。

で、音楽を聴きつつ測定の講義を。ユニット間で音の立ち上がり立ち下がりのタイミングを合わせることがとても重要なはずなのに、雑誌では取り上げられていないことや、それに関連してスーパーツイータの合わせ方、レーザポインタを使ったセッティングのやり方などなど。とりあえず測定器手に入れ次第やってみたいですね♪測定云々についてはまた後ほど別の時にでも。

ということで、どっぷりと音楽とオーディオに浸かったumeme邸訪問。勉強になることもたくさんあってとても(・∀・)イイ!!時間を過ごすことができました。また近くに行くことがあったら聞きに行きたいです♪

posted by Akimitsu at 01:04| Comment(1) | TrackBack(0) | オフ会記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月16日

超高速♪

15日は昼からUltralinearさんの家でOff会ですた。おぐったんを目当てに…ウソです。きちんと音を聴いてきましたよ(笑)

さて、正午に最寄り駅で待ち合わせて昼食を取ってリニアさんの部屋へ。狭いよ?と脅されていたのですが、普通にうちより広いですよ(泣)フローリングだし…くっそぅ、うちだって自宅だったらDIYでリフォームするのに(笑)。

さて、インプレはtaoさんが書いてくれたので省略(爆)あちらの方がわかりやすいですしね。ケーブルのインシュレータ1個だけで音がころころ変わるあたり、しっかり追い込んでいることがみてとれますね♪

そういえば、アナログをかけた後にCD聞いたら音が良くなっていましたね。これからはオフ会前にアナログなりSACDなり、情報量の多いソフトをかけてシステムに準備運動させることが流行ることでしょう(笑)CDだけでも、いつもは聞かないようなソフトを聞かないような音量で流すことで、同じような効果を得られるような気がします。

音楽以外にもいろいろと発見があって楽しいOFF会でした〜。

そうそう、13時頃から14時頃にかけて大雨+雷でしたが、雨粒のはじける音と雷が空気を裂く音のハイスピードさに一同驚き(苦笑)あれくらいの音をオーディオから出せるようになりたいものです。

posted by Akimitsu at 21:08| Comment(1) | TrackBack(0) | オフ会記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月27日

オトナな音

あのDejavuのフィルさんのところへ行ってきました。以前StellaMelodyの時も聞きに行ったのですが、その頃とどう変わっているか興味津々でしたので、今回聴きに行けて良かったです♪

フィルさんとは家が結構近いので午後半日で相互オフをすることに。まずはうちに来ていただいて音を聴いてもらいました。なかなかうち人が来ることが少ないので(汗)緊張してしまいましたが、そこそこ気に入っていただけたみたいでよかったです。そのうちオフ会記もupされると思うので詳細はそちらで。

うちでの緊張のひとときを終えてフィルさんの家へ。Melodyの時も半分しか開かなかったドアは今回も半分しか開きませんでしたが(笑)そのドアをくぐってオーディオルームへ。眼の前にはElegansが威圧感たっぷりにそびえ立っているかと思いきや、案外しっくり収まっていてびっくり。

ということで、椅子に座って早速聞かせていただきました。耳がプアだった頃の記憶を引きずり出しながら聞いていたのですが、基本的に方向性は同じですね。SPのメーカも同じで鳴らしている当人も同じ(当たり前かぁw)なのでそうがっつり変わるわけもないのですが。

MelodyとElegansと比べると、スケール感や余裕のある鳴り方はElegansさすが、ってところですね。中高域の滑らかさはマンガーユニット特有の刺激のない鳴り方もあっていい感じでした。基本的にSPの後ろに音が並ぶ感じもあって、とても心地いい音の出方だと思います。オトナの音、ですね〜jeさんあたりに音が若いよねーって言われたのでそろそろ大人な音も出せるようになってみたいところです(笑)

フィルさんもそろそろ引っ越すそうで、そのときは工具を持って遊びに行きたいところです(笑)

posted by Akimitsu at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | オフ会記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月11日

ふらふらと

今日はふらふらーのflaさんの家に遊びに行ってきました。大丈夫です、とって喰ったりしませんから。

駅近くのファミレスでご飯を食べた後fla邸に向かいました。早速着くなり3人のピアニストのクライスレリアーナを聞かせてもらいました。flaさんお気に入りの曲らしく、たっぷりと講義付きで(笑)楽しませてもらっちゃいました。

その後一通り聞かせてもらったのですが、とにかく端正な音だなーってのが印象的でした。使っている機器から何となく想像はしていたのですが、想像を裏切らないあたり(笑)素敵です。クラシックなんかは聴いてて心地いいのですが、ロックはもう少しガンガン来てもいいかな?という感じですが、この辺は音の出し手の好みでしょうか。

さて、その後はお待ちかねのねじねじタイム(笑)ヱビスを飲んで気持ちよくなったあたりでおもむろに工具を取り出して分電盤へ。今回は、冷蔵庫のブレーカとオーディオがつながっているブレーカにそれぞれコンデンサを入れて、さらに分電盤につながっている線を全部捻っておしまい。何よりも冷蔵庫がおとなしくなったのがびっくりでしたが(笑)、とりあえずSNも良くなって今回もいい感じでした。次は本格的に工事しないとねw

ということで、覚悟しておいてください>flaさん(笑)

posted by Akimitsu at 15:20| Comment(3) | TrackBack(0) | オフ会記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月02日

言われてみれば

確かにどこかに遊びに行くたびに電源をいじっているような気がします。分電盤やらコンセントやら。仕方ないじゃないですか。ネタを提供するとやってみましょう、って乗ってくれる人が多いんですから(笑)

だからといってそれを目的に行っているわけではありませんよ(笑)誰かの家に遊びに行っていいソフトを教えてもらえるのも楽しみですし、なにかしらヒントをいただいてくるのも楽しみですし。電源関係はそれのちょっとしたお礼です、と言い訳しておきます。

posted by Akimitsu at 14:27| Comment(0) | TrackBack(0) | オフ会記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月29日

進化が早い

二ヶ月ぶりのtao邸。その間にSPが変わってAllegroケーブルが入ってトランスが入って…となかなか色々とあったようです(笑)。今日はWilsonを鳴らそう。独り言。のハンコックさんと一緒に訪問してきました。

早速着くなり音を聴かせていただきました。AvalonのAscendantからGermanPhysicsのHRD120Carbonに変えたとはいえ、基本的な音の方向性は同じですね。一方、音像の立ち方や広大な音場にこのSP独特のものがあり、特にどこまでも深く広がる音場は特筆すべきところですね。

いくつかかけていただいたあと、持参のLive at BluesAlley,All time super best、radiogenicとかけた感じ、少しボーカルにかぶりがあった感じでした。そのときはまだまだエージング中なので仕方ないかな、と思っていましたが…

ということで工作タイム(笑)まずは分電盤の電線を一通りねじねじ。もっと色々とやりたいところですが材料がなかったので断念(笑)。さらに冷蔵庫とオーディオ用ブレーカにそれぞれコンデンサを装着。で、早速聞いてみると明らかにノイズが減っているのが分かります。ヴォーカルが滑らかになり、奥行きがさらに深くなり、空間の透明感が増したのが分かります。自分で手を動かせば、ヘタなケーブル買うより遙かに効果的ですよねーって盛り上がりました(笑)

で、ご飯タイム。食べてるときにtaoさんのコンセントが島田コンセントだということで、今日もネジセットを持ってきていたので第2ラウンド突入。さくっと交換して音を出したその瞬間

( ゚Д゚)ポカーン

わかっているとはいえ、やっぱりこの変化はいつ聞いても驚きます。ネジ3本で2ランクも3ランクも音のクオリティが上がるというのは、今でも何かにだまされているような気がしますよ。

ということで、片っ端から聞き直しwぅぉ、声がいい、とか、ぅぉ、ピアノの質感がいい、とか、3人して顔を見合わせながら聞き直しました。やっぱここまでやって初めてスタートだよね、ということで今回のオフ会はお開き。今はまだ少し音が堅めですが、1年経って機器が一通り馴染んできたらうっとりするような音が出ていると思います♪楽しみです♪

posted by Akimitsu at 01:09| Comment(1) | TrackBack(0) | オフ会記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。