2007年11月14日

RCD991が嫁いでいきました+水晶もやればできる子

いつまでも使わない物を家に置いておくのもアレなのでRCD991を嫁に出しました。クロックを入れ替えられ、トレイに革を貼られ、ヒューズを直結されと、すっかり別のプレーヤになってしまっていましたが(笑)。200V駆動とクロック別電源と潤工社製のデジタルケーブルでの配線とSBDへの入れ替えと端子の入れ替えとOPアンプ入れ替えを試してあげられなかったのが心残り(多いですね/笑)ですが、その分PCでの再生に力を入れていこうと決意した今日この頃です。

さて、この頃クロックがホットな話題なので流行に乗っていろいろと探してみました。そこで発見しのがOCXOで0.1ppbのVFOV300という製品。精度もさることながら(0.1ppbってルビジウムクロックの領域です)、ちょっと話題の(笑)位相雑音も相当低く抑えられています。マニュアルを見てみると、-120dBc/Hz@10Hzで非常に低いランクに分類できるレベル…だと思います。ケースと電源をごっついのにすれば10MやChronosを超えるのも夢じゃない???なんて勝手に思っています。

posted by Akimitsu at 20:38| Comment(0) | TrackBack(0) | システム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。