2006年11月30日

その口を塞いでくれよう

ということで、SPの前面にぽっかりと空いているバスレフポートにタオルを詰め込んでみたわけですが、これがもうケーブルの変化なんてかすんで見えてしまうくらい効きました。すごいですよ。もう、音像の見え方、音場の透明感、奥行き、広がり。全てが驚くほど向上していました。

さらに、音のリアリティがおかしいくらいアップしているんですよ。ヴォーカル、ギター(アコ/エレキ両方ですよ)、ピアノ…もう、今まで何を聞いていたんだろうというくらいリアルな音がオーディオから出てきています。

とはいえ、副作用も当然あるわけで。打ち込み系の持続する低音が出ないんですね(汗。自分は低音を聞く方ではないので、結構どうでもよかったりしますが…(笑。それ以上にメリットが大きすぎてやめられません。低音はコーナーに近づけて増強するという手段もあるので何とかなるでしょうし、何とかしたいと思います。今はかなりコーナーから離れたところ(とはいえ6畳ですからたかが知れていますが/笑)にセッティングしてあるので、また少しずついいポイントを探って「とらべる・スピーカー」になると思います。

で、スピーカから音が出てくるということは厳然とした物理現象ですから、ここに言い訳の余地はないわけです。当然のことながら室内に定在波やフラッターエコーが立ちますし、マルチウェイSPであればユニット間の位相差やそれぞれの受け持ち帯域の違いなどが出てくる音に影響を与えるわけです。

さらに、どのようなアンプやスピーカを持ってきたとしても、室内の振動モードからは逃げられないわけです。一部のアンプでは関係ないと言っていますが、物理現象を理解していないのではないかと思ってしまいます。理論が全てではなく、出てきた結果が全てを物語ることは承知していますが、少なくとも今まで営々と築かれてきた古典物理学がその程度のことでひっくり返されるわけがないと思いますがいかがでしょうか。

話は長くなりましたが、結局の所スピーカをどう鳴らしてあげるか、ということがオーディオでいい音を出せるか出せないかの勝負なのかな、と思います。周波数応答がフラットではない閉鎖された部屋の中で、空気の振動の源であるSPをどこにどう置くか、そのSPを駆動するアンプが100%の力を出せているか、そのアンプにどれだけの情報を送り込めるか。やっぱりこれらが重要なんだと思います。それが、この頃よくこのBlogでも話題にするセッティングの重要性や電源の重要性のもととなっているわけなんですね。。

で、どうやって機械の力を引き出してあげるかといえば、それはやっぱり機械と部屋とつきあっていく中で機械から教えてもらうしかないのかな、と思います。置き場所を動かしたりケーブルの取り回しをかえてみたり。そういう変化に対してどのような変化が起きるかは当然機械によってそれぞれ違うわけですから、結局やってみるしかないわけです。

やっていく上では、いくつかののセオリーが選択肢として頭に浮かぶわけですが、どれか一つだけで解決するということってまず無いと思います。いくつかを混ぜてみたときの方が好ましい結果が得られることが往々にしてあり得ます。どれか一つ、と決め打ちしてしまった方が気分は楽ですが、それで失ってしまうお金と時間はあまりにももったいないかな、と思います。

説教調で申し訳ありません…。若さで許してください(笑

posted by Akimitsu at 02:53| Comment(3) | TrackBack(0) | セッティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ぐふふ 効いただろw
小口径SPのバスレフ塞いだら低音減るのはしゃあないね
トンコンなりイコライザーでブーストしてやればいい話
今が高音に関してばっちり焦点あってるなら低音のためにSP動かさない方がええよ
Posted by umeme7171 at 2006年11月30日 17:22
そのとおりだと思うぞ。やってみてダメなら戻す、OKならそのまま採用。

同じ装置、同じ部屋、同じケーブル、同じソフト・・・

なわけないんだから、自分の実験結果がそのまま使えるかといえばそうではなく、自分の耳で試行錯誤せなあかんわな。

取説にこうやってセッティングしろとか、
某氏がセッティングしたのだから間違いないとか
絶対にそんなことはない。

取説が聴くのか?
某氏が聞くのか?

と尋ねてみたいなぁ(笑)

んで、バスレフ塞いだほうが良かったのか・・・
前使っていたJBLのSPは、塞ぐと詰まったような低音で面白くなかったからまた戻したなあと、思い出した。まあ、私の場合はブックシェルフの小型だったから、トールボーイとか大型SPなら変わってくるかもね。
Posted by NIKI at 2006年12月01日 11:49
そのとおりだと思うぞ。やってみてダメなら戻す、OKならそのまま採用。

同じ装置、同じ部屋、同じケーブル、同じソフト・・・

なわけないんだから、自分の実験結果がそのまま使えるかといえばそうではなく、自分の耳で試行錯誤せなあかんわな。

取説にこうやってセッティングしろとか、
某氏がセッティングしたのだから間違いないとか
絶対にそんなことはない。

取説が聴くのか?
某氏が聞くのか?

と尋ねてみたいなぁ(笑)

んで、バスレフ塞いだほうが良かったのか・・・
前使っていたJBLのSPは、塞ぐと詰まったような低音で面白くなかったからまた戻したなあと、思い出した。まあ、私の場合はブックシェルフの小型だったから、トールボーイとか大型SPなら変わってくるかもね。
Posted by NIKI at 2006年12月01日 11:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/28569312

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。