2006年09月29日

カメレオン

どうも遅筆気味なこの頃ですが(汗。ということでハンコックさんのところに行ってきました。Wilsonスキーとしては、初めて聞くWATT3/Puppy2にわくわくですよ。

音の感じはtaoさんの訪問記にあって、そちらを見てもらう方が早いのでこっちでは軽く。機器構成からも分かるように、超端正すっきり系サウンドでした。全体的なバランスは普通に普通(笑)でした。Wilsonにしてはふんわり柔らか系で端正+後方定位な音で、やっぱりWilsonは鳴らし方に依るのかなぁ…と思いますた。そう考えると案外8も悪くないのかも…半年経ったらまた5555の4Fを覗きに行こうかと思います。

さて、今思うとハンコックさんの音はどこかで耳にしたなぁ…と思ったら、今月号のStereoSoundに載っている石井式の部屋の人の家の音に近い感じがします。部屋が違うので相当違うような気もしますが、今思うと案外近いような気がします。あちらも機器の構成がすっきり端正系なのでそれが関係しているのか、それともセッティングメソッドなりにHOTEI氏の息がかかってるからなのか。そのあたりを判断するのはなかなか難しいところではありますが。某所みたいに、いきなりセッティング変えよ〜みたいなことができればその場でガンガンやってしまうのですが(笑)今回はおとなしく、です(爆。

posted by Akimitsu at 22:13| Comment(1) | TrackBack(0) | 試聴記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Akimitsuさん こんばんは。
感想入れていただいてありがとうございます。
大変参考になります。
Wilson面白いでしょ。本当にいろんな鳴り方できますよね。8も鳴らし方によるとは思いますよ。

> それともセッティングメソッドなりにHOTEI氏
> の息がかかってるからなのか。
石井式の部屋ってどんな音がするのか、なかなかイメージが難しいです。
taoさん宅の工事の完了が待ち遠しいですね。
是非聴かせていただければ、何かカギが見つかりそうな気がします。
今後とも宜しくお願いします。
Posted by ハンコック at 2006年09月30日 20:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。