2006年08月25日

System8

flaさんと一緒にほぼおろしたてのSystem8の試聴に行ってきましたー。なぜか(必然?)fairbrookさんもいてなんだか内輪だよ…とか思いつつの試聴会でした。

さて、しっかりエージングがされたSystem7との比較だったので非常に判断に迷うところですが、音楽の楽しさという面については、System7に軍配を上げたいと思います。ヴォーカルのあたりの独特の音色とみっちりとつまった音像は聞き慣れたSystem7の音でホッとしますね。

一方、おろしたてのSystem8もかなり健闘していました。漂うような空間表現や細やかな表現は明らかにSystem8の方が得意な感じで、ある意味現代的な音に近づいてきているのかなぁ、と思います。

とはいえ、一音一音の密度感や音のテクスチャの表現についてはまだまだこれからだと思います。エージング不足なのかSystem8で大きく舵を切ったのか。そのあたりはこれからの化けようで判断ですね。

さて、System7とSystem8ではWATTとPuppyの重量配分がずいぶん変わり、System8ではWATTがスカスカに感じるほど軽くなって(その分Puppyが重くなったようですが)いました。で、これって結構重要なんじゃないのかな…と思います。ほぼ同じSPで重量を変えるということは、当然音に相当な影響が出るわけで、もしかするとエージング云々で解決しない根本的な差異としてずっと存在するのかもしれません。

…とだらだら書いたわけですが、やっぱり現状ではSystem7で音楽を聴きたいと思います。独特だとか言われますが、その独特なところが好きな自分としては、今回の試聴会でそれを感じられたSystem7が好きでした。もしかするとSystem8も同じようにできるのかもしれませんし、そうなったときにまた聞き比べてみたいところですね。

※耳タコソースかけられちゃったのが運の尽きと言うべきか…。

posted by Akimitsu at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 試聴記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。