2006年07月25日

剛胆さと繊細さと…んでもやっぱり楽しいのが一番♪

月曜日の夜に大阪に来いと言われ、水曜日の朝1番の新幹線に飛び乗ってるあたり、尻が軽いなと思うわけですが。

ということで、せっかく関西に行くんだから、と言うことで、前々から気になっていたumemeさんの家へ音を聴きに行ってきました。測定できっちり合わせた音は果たしてどんな音がするんでしょう?

1日目は到着が遅かったので、軽く音を聴かせていただいて翌日にしっかり聞くことにしました。とはいえ、軽く聞いた時点でも実力の片鱗はしっかり見えてきて、もうわくわくどきどきです。

さて、一晩ぐっすり寝てお昼を食べてしっかり音を聴くことに。いろいろと聞きましたが、ガンガンくる音と繊細な音が両立しているこのシステムって一体…と思いました。ガンガン来ても棍棒でぶん殴られるような音ではなく、楽器や声の質感は非常に美味しいです。正直システムにお金をつぎ込む意味って何処にあるんだろう?って考えさせられました。

と、そうやって眉をしかめてしっかり聞くのも悪くないのですが、umemeさんのシステムはそんなことしないで音楽聴こうよ♪と呼びかけてきます。そこで、もうその誘惑に身体を任せ、最初に頑張って聴いた後はもうしっかり音楽を楽しんできました。八神純子や久保田早紀のLPにやられ、久保田早紀のライブ映像にやられ、いろいろakustikaさんのおすすめCDにやられ…ソフトもいい物を次から次へと。ヴォーカルやギターが好きな身としては、そのあたりがとても美味しく鳴るumemeシステムにはやられる一方です(笑)当然上下もしっかりと伸びているので、不満もほとんど無く音楽に浸る一方でした。

と言いつつ、自分の持って行ったソフトをかけたときは、ヴォーカルの音かぶりや空間の透明感、音像の立体感の表現のところが気になるあたり…ちょっと病気ですねwumemeさんもこのあたりは気になる…と言っていたので、そのうちなんとかされることでしょう。デジイコで部屋の補正をかけているとのことなのですが、今回は外れていて…残念。次は是非フル装備の時に遊びに行きたいですね。

で、音楽を聴きつつ測定の講義を。ユニット間で音の立ち上がり立ち下がりのタイミングを合わせることがとても重要なはずなのに、雑誌では取り上げられていないことや、それに関連してスーパーツイータの合わせ方、レーザポインタを使ったセッティングのやり方などなど。とりあえず測定器手に入れ次第やってみたいですね♪測定云々についてはまた後ほど別の時にでも。

ということで、どっぷりと音楽とオーディオに浸かったumeme邸訪問。勉強になることもたくさんあってとても(・∀・)イイ!!時間を過ごすことができました。また近くに行くことがあったら聞きに行きたいです♪

posted by Akimitsu at 01:04| Comment(1) | TrackBack(0) | オフ会記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
もつかれー
またクジラ食いに来いやー
Posted by umeme7171 at 2006年07月25日 02:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。