2006年06月08日

石井式セッティング?

いつもお世話になっているTAOさんの家で大セッティング大会があるということで、前日に無理を言ってお邪魔してきました。いらっしゃるのはかの有名なHOTEIさん。さぁ、どんな事が起こるのでしょうか。

いつものように電車に揺られてTAOさんの家に向かいます。今日は早めのスタートなので家の中は犬の気配だけ。リビングから出たウッドデッキでお昼をごちそうになり、早速スタート。

当日の詳細な様子はTAOさんのblogを見て下さい。もう、片っ端っからLVパネルやカーペットがどかされていくのは見ていて笑っていいのかどうなのか…ない方が部屋もスッキリしていていいんですけどね。

で、センターではほとんど聞いていないのですが、どんどん鳴り方が良くなっていくのがわかって面白かったですね。だんだんと部屋との一体感がとれていくといった感じでしょうか。逆にそういう風にセッティングしているともとれるようなやり方なので当たり前っちゃ当たり前かも。

具体的には

  1. 低域がしっかり鳴るところを部屋をうろうろしつつ耳で探す
  2. SP付近、リスニングポイントに向かう方向より少し内側に陣取って、ヴォーカルのヌケが良くなるところを探す
と至ってシンプル。石井式のページから考えると、ざっと探す場所は部屋の幅のn/9もしくはn/7あたりで、その近辺で決めたらあとは2番目の方法で追い込んでいく、というところでしょうか。基本的に1/9と7/9あたりもしくは1/11と9/11あたりが探しどころだと思います。

それにしても、LVパネルがあれだけ影響力があるとは…。今回は全部外してしまうことになりましたが、むしろ無くてもあれだけ追い込める事を知ってちょっとびっくり。これでもう一度導入したらどうなるのか、とかもしフラッターフリーだったらどうなるか、とか気になるところではあります。HOTEIさんは、ああいうパネルの類は良くないとおっしゃっていましたが、リトライしてみるのも悪くないでしょう(笑)マジで大変ですが(笑)

ということで、セッティングメソッド第2弾。家でもちょっと復習してみたのですが案外悪くないかもしれません。20畳くらいあればカルダスセッティングも良さそうですが、6畳だとこっちも選択肢に含めてもいいかもしれませんね。

posted by Akimitsu at 22:50| Comment(2) | TrackBack(1) | セッティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Akimitsuさん、先日はありがとうございました。LVパネルの運び出しは、Akimitsuさんの協力がなければ、心痛だけでなく筋肉痛にも悩まされるところでした。音調パネルの類は当分目にもしたくないというのが正直な今の気持ちです。
それから配電盤のグレードアップありがとうございました。当日は頭がぼーとしていて御礼もしっかりいえない状態でした。
Posted by tao at 2006年06月08日 23:19
コメント遅くなりました。
先週の火曜日に島田さんからいろいろと顛末を聞かせてもらって楽しかったです(笑)

taoさんにはぜひ電源工事をやって欲しいですね〜。電源なら1日で終わりますし、すでに1本引いてあるので工事もさほど大変ではなさそうです。家の目の前に電柱もあることですし、マイトランスまで逝けるといいのですが(笑)。
でも、びっくりしますよ。工事しなかったのは本当に損!と思えるくらいの音が待っています。
Posted by Akimitsu at 2006年06月20日 10:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

楽しいバイエル併用 クロノトリガー (楽し
Excerpt: ちゃんと、ひとつひとつにアドバイスが載っていてとてもわかりやすかったです。大きくて見やすいメロディの楽譜。メロディとコードのみの楽譜です。中学生の頃、エレクトーンを習っていた友だちと半分ずつお金を出し..
Weblog: メソッドを...
Tracked: 2007-09-26 09:45
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。