2006年04月19日

本領発揮!

14-17と鹿児島のkoji4432さんの家に遊びに行ってきました。自分の中で鬼門なスピーカのWhiteLightを使っているということで、ワクワクしつつkoji邸へ。

んで、結論から言えばWhiteLightは素晴らしい音を奏でるんだな、ということ。某評論家Mの家やショウで聞いた時に感じたいやらしさや癖っぽさは全くなく、密度のあるしっかりした音がスピーカから奏でられていました。音色もニュートラルな感じで変に暖かいとか冷たいとかそういう印象もなく、聞いてて気持ちがいい。かなり好みな音でした♪

さてさて、まずはCDの音から。SonyのSCD-1とdCSのDeliusという機器構成から想像されるような音を裏切らない、少し硬質でかっちりした音でした。ただ、Jey邸でPurcellを通したときのような時間的なブツ切れ感がなかったのは驚きでした。秘訣はどこにあるのでしょう?気になります。

そしてLPへ。こちらはもうさすがと言うしか。ひたすら聞き入ってしまいます。音の出方が非常にナチュラルで余裕があり、こちらを聞いたあとCDを聞くと力の入っている感じが気になってしまいますね。少し無音時のノイズ、フォノイコライザから発生していると思われるノイズだと思いますが、普通に聞く音量の場所でザーっと聞こえるほど。

ということで、いつものことですが早速分電盤に手を突っ込むことに。とりあえずプリとフォノがつながっているブレーカと冷蔵庫のブレーカにコンデンサ装備+線をねじねじ。あとは放置しておいたわけですが、それだけでCDの硬さがほぐれ、いい感じに。さらにいいことに、LP再生の時のノイズが激減!ブーンというトランスがうなる音くらいしか聞こえなくなり、ノイズに埋もれていた音がどんどん出てきました!こんな経験初めて(というよりは今までLPで試す機会がなかっただけ)で、これだけわかりやすい結果が出るとは。逆に言えば無対策だとあれだけノイズが乗っているわけで。アナログは特に重要だということを今回経験しました。

さてさて、とりあえずこれだけやった上での音の感想ですが、音の密度感や力感、ニュートラルな音色はそのままに、ぐっとノイズフロアが下がり音数も増えてきていい感じ♪ほんの少し音がかさついているようなところがありましたが、こちらは電源の対策でかなり何とかなる部分。これからのkojiさんの音がとても楽しみです♪鹿児島もとても楽しかったのでまた行きたいです♪

kojiさんのホームページ、ブツヨクの地平線はこちらです。詳しいシステムや日記などがあるのでぜひ覗いてみてくださいね♪

posted by Akimitsu at 01:56| Comment(0) | TrackBack(0) | オフ会記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。