2006年04月02日

さらにさらにやばーいケーブルがありました。

お久しぶりです。

ということで、今日はAllegroケーブルについて。DynamicAudioの島田店でもちょっとしたブームになっていますが、どんなもんだろうかと聞いてみました。

結論。買うしかない(爆)。36万円という値段が恨めしく思えちゃいます。

ひたすら楽しいケーブルですね。聞いててうきうきしてきます。最初はそちらに耳が行きますが、聞いているうちに肉感的な音像やどこまでも透明に広がる音場にも耳を奪われちゃいます。そのどちらもいやらしくなくて、気付いたらCD1枚終わっている、というくらい音楽に没頭できます。

で、相変わらず借りているDreamと比較すると、Dreamのオーディオ臭さが気になる始末。Dream単体で聞いているときも少し音が頑張っているような感じがありましたが、Allegroと比較するとそこが顕わになってしまうように感じました。以前書いたように、Dreamは非常に高いレベルのケーブルですが、Allegroと比較してしまうと自分の判断基準の中では見劣ってしまう部分があります。

ちなみに、制作者さんは超絶なオーディオマニアだとか。Allegroケーブルを1本1本ヒアリングテストしてから出荷しているという徹底っぷりも素敵すぎるし。このクラスのケーブルを検討している方は是非一度聞いてみてくださいね。

posted by Akimitsu at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 試聴記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。