2006年01月17日

ボードとインシュレータと機器の甘い関係♪

さて、昨日に引き続きお手軽音質向上テクニックです。今日はオーディオ機器のセッティングについてです。セッティングといっても、やれどのボードがどうだ、どのインシュレータがどうだ、という話ではなく、ボードやインシュレータの性能を引き出してあげよう、という話です。

では早速具体的な方法に。といってもやることは簡単で

  • 機器の足からの前後、左右の余白をそれぞれ揃える
  • 機器用のインシュレータは脚の中心に設置する
  • スピーカのインシュレータはなるべく端に設置する
  • なるべく4点支持する
これだけ。

これで今日はおしまいです…とか言うと記事が寂しくなるのでもう少しおつきあい下さい。

それぞれのやり方にはきちんと意味があります。まずは、振動を揃えてあげること。機器やボード、インシュレータ特有の振動は活かして、その機器の設計者の意図したように鳴らしてあげるのがポイントです。ボードの余白部の長さを揃えることで、ボードの響きが一定になります。インシュレータを脚の中心に置くことも同じですね。

次に、不必要な振動を出さなくすること。近くに金属の物差しがあれば実験してみるとよくわかりますが、真ん中を持つ、あるいは片方だけを支持して弾くと、ピーンと音がするはずです。ここで両端を支持すると、弾いても前の場合よりも音が小さくなっているはず。これがインシュレータを端に、そして4点支持することの理由というわけです。

さらにもう一つ。ボードを床に置く場合はタイルカーペットなどの薄いカーペットを敷いてガタを取るといいみたいです。個人的には薄手のウールのフェルトなんかいいんじゃないか、と思いますが。

さて、わかる人はわかるかもしれませんが、ここまで書いた内容、オリジナルではなく受け売りです。Ilungo Audioを主宰している楠本さんが長年の経験に基づいて発見したセッティング法です。実際セッティングの現場に立ち会いましたが、インシュレータを1mm動かすことでコロコロ音が変化していく様子は何とも…。インシュレータの音、ボードの音、といいますがそれが何なのかわからなくなってしまいますね。

posted by Akimitsu at 00:03| Comment(5) | TrackBack(0) | セッティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まいど!
いつもありがと♪

>インシュレータを端に、そして4点支持することの理由というわけです。

定規のように平板であれば勿論鳴きが出てくるだろうけど、箱であれば4隅は強度があるから、その考えであれば底板と角と角の真ん中合わせて5点の方が震動しないんじゃないの?

不要な震動を抑えるだけを考えるんだったら強固な床にベタ置(ピッタリ密着)した方が抑えられるんじゃない?
と思ってしまった…。(汗

置く方法は良く分かんない。(涙


Posted by mui at 2006年01月17日 03:17
確かに…
真ん中を含めた5点支持も実験しないと。

ただ、機器にとって予想外の場所で振動を止められると機嫌損ねちゃいそうな気もします。
もともと5点支持ならそれを想定して音を作ってあると思いますが、もとが4点なら4点支持の方がいいのかもしれません。この辺はケースバイケースだと思います。

振動を抑えればいいってものでもなさそうなので難しいですね〜。
Posted by Akimitsu at 2006年01月17日 06:55
私の経験から言うと

・機器の足からの前後、左右の余白をそれぞれ揃える→◎

・機器用のインシュレータは脚の中心に設置する→脚は取ってさらに追い込むのがベター

・スピーカのインシュレータはなるべく端に設置する→必ずしもそうとは限らない

・なるべく4点支持する→3点の方がベター

暴言失礼しました。


Posted by sasuke at 2006年01月17日 06:56
こんにちは♪

●機器の足からの前後、左右の余白をそれぞれ揃える ←これは、私のブログ(昨年12月21日)でも紹介していますが、非常に効果がありました!!

他も試してみますね!

今後とも、このような「お手軽音質向上テクニック」の紹介をお願いしますm(_ _)m
Posted by kimura at 2006年01月17日 12:42
難しい(涙
馬鹿だからワカンネッス。(号泣

ボードやラックを使うようなら試してみます♪
有益情報感謝!
ちょっと気になってった部分があったんだけど解決方法が思いついた。Akimitsuくんのお陰だな♪

Posted by mui at 2006年01月17日 21:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11789301

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。