2006年01月15日

さらに改造〜Rotel RCD991AE〜

昨日は雨が強かったですね。特にどこにも行かず、家で機械の改造をしていました(笑)。といっても、手を加えるのはCDプレーヤのRCD991AEだけですが。

今回の改造はクロック配線の交換です。以前は適当な線を適当に配線していたのですが、いろいろ勉強している内に、それではさすがにまずかろうと思いました。一応16MHzのクロックが流れている線なので、きちんと用途に合った線に交換です。

具体的にどう、と書いても仕方がないので詳細は省略で。電源を入れた直後は機械が冷え切っていたのでイマイチでしたが、2〜3時間して温まった音を改めて聞いてみると、低域が伸び、高域のうるささが少なくなり、全体的に情報量が上がっているような感じがします。音の芯も以前よりしっかりして、交換の効果はあったのではないかと思われます。

次はクロック発振器を外部に持って行って、クロックのみを別筐体で作ってみようかと考えています。…が、そうすると機械に穴を開けるかコネクタを1個殺すかしないとなんですよね。効果がどれだけあるか未知な部分もあるので、ここまでするのはまだちょっと二の足を踏んでいます。

posted by Akimitsu at 01:40| Comment(2) | TrackBack(0) | システム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
クロックの電源がまた効くんだよな〜(煽
Posted by どら。 at 2006年01月15日 17:45
外部からDCを引き込むのも考えたけどDC引き回しは( ・A・) イクナイ!っていうからさ〜。まぁ、一段落したら外部注入計画発動でつなw
Posted by Akimitsu at 2006年01月15日 23:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11707523

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。