2005年12月19日

Rotel RCD991AE(改造済み)

先代のRotelのCDプレーヤの最高機種です(の、が続くw)。

非常に素直な(悪くいえば素っ気ない)音のCDプレーヤです。ノーマルでも30万円クラスのCDプレーヤよりいい音がするのですが、これにヒューズ交換(?)やクロック交換を施すことで、さらに上を狙えるくらいになっていると思います。そのうち電源にSBDを使用したり、フィルムコンデンサを追加してさらに…と考えている今日この頃です。

とはいえ、こいつの限界はそろそろ見え始めていて、次はどうしよう?と考えている今日この頃です。ただし、すでにEMMLabsのペアやCD12、dCSVerdiLaScala+Elgarなどを聞いてしまっているので、ヘタな物を買えなくなっています。繋ぎとするならChordのDAC64やMarkLevinsonの360SあたりのDACを追加するくらいでしょうか…。デジタルケーブルで悩むのがいやなので、本当は一歩で終了したいところですが。

posted by Akimitsu at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | システム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/10810041

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。