2006年09月30日

Sony公式&WilsonAudio公認(?) かないまるセッティング

まずはこちらを見てください。ご存じ、SonyのAVアンプ、TA-DA9100,TA-DA3200を手がけたかないまるさんのページです。所々に怪しい記事がありますが、それはさておき。

さてさて、かないまるさんのセッティング方法はというと、どちらかというと録音やマスタリングで得られた音を正確に出してあげよう、というのが目的のようですね。今のところSPケーブルが短くて自由にセッティングできない状態なので、とりあえずできる範囲でこのセッティングメソッドに従ってやってみたのですが、音像の定位感や密度感は横カルダスセッティングよりぐっと出てくる一方で、奥行き方向が少し浅くなったかなぁ、というような感じです。現状かなりラフなセッティングなので、これからもう少し詰めてみようかと思います。

それにしても思うのが、セッティングを変えることでこれだけ音がころころ変わるんだな、ってことです。やってみるとわかるかと思いますが、音場や音像はセッティング一つでいくらでも変えられそうな気がしてきます。定番といわれるようなものから突拍子もないものまで、いろいろやってみるのはとてもいい経験だな〜と思います。ぴったり決まった!と思っても案外他のやり方の方がいいってこともないとは言えませんよ?(笑)とりあえずボードの四隅の位置を測っておいてまたいろいろと動かしてみるのも、また一つのオーディオを趣味とする人ならではの楽しみ方なのかな、と思います。

posted by Akimitsu at 23:28| Comment(1) | TrackBack(0) | セッティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月29日

カメレオン

どうも遅筆気味なこの頃ですが(汗。ということでハンコックさんのところに行ってきました。Wilsonスキーとしては、初めて聞くWATT3/Puppy2にわくわくですよ。

音の感じはtaoさんの訪問記にあって、そちらを見てもらう方が早いのでこっちでは軽く。機器構成からも分かるように、超端正すっきり系サウンドでした。全体的なバランスは普通に普通(笑)でした。Wilsonにしてはふんわり柔らか系で端正+後方定位な音で、やっぱりWilsonは鳴らし方に依るのかなぁ…と思いますた。そう考えると案外8も悪くないのかも…半年経ったらまた5555の4Fを覗きに行こうかと思います。

さて、今思うとハンコックさんの音はどこかで耳にしたなぁ…と思ったら、今月号のStereoSoundに載っている石井式の部屋の人の家の音に近い感じがします。部屋が違うので相当違うような気もしますが、今思うと案外近いような気がします。あちらも機器の構成がすっきり端正系なのでそれが関係しているのか、それともセッティングメソッドなりにHOTEI氏の息がかかってるからなのか。そのあたりを判断するのはなかなか難しいところではありますが。某所みたいに、いきなりセッティング変えよ〜みたいなことができればその場でガンガンやってしまうのですが(笑)今回はおとなしく、です(爆。

posted by Akimitsu at 22:13| Comment(1) | TrackBack(0) | 試聴記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月17日

カーボン。

オーディオの世界でもカーボンが(・∀・)イイ!!、とのことで探してみました。

Carbon Goods.Comなのですが、ここでインシュレータ用、板厚10mm、縦25mm、横25mmとすると…

はて、これはどこかで見たサイズだなぁ…と気づくわけです(笑)オーディオ用、と名をつけて高く売れるようなブランド名をつけて販売するだけで10倍の値付けができるんですよ。羨ましいことこの上ないですね。

自分ではまだ使ったことがないのですが、某所では両者を比較してみようという企画もあるようです。結果が出たらまたここで書きますね〜。

posted by Akimitsu at 23:33| Comment(5) | TrackBack(0) | オーディオアクセサリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。