2006年06月23日

soundrecording誌で

スタジオの電源工事が載っていたのですが、残念ながらクライオオーディオテクノロジ社の手によるものらしく…鬱。Denのトランスも導入されていたので、きっとあのスタジオの音は非常につまらないものでしょう。いくつか日本で有名なアーティストの名前も出ていましたが、彼らの音楽を聴かないのでいいんですけどね(笑)

と、前振りはこの辺で。その記事にはなんと、シナジの電源ケーブルが!スタジオにもこの頃遅れたブームがやってきたらしく、オーディオ用電源ケーブルを使うところがあるみたいですね。

スタジオ+電源ケーブル、で思い出すのが例のAllegro Power Cable。一部にしか知られていませんが、自分の好みの中ではトップの電源ケーブルだと思います。オーディオ的な要素もさることながら、音色の明るさと音楽の楽しさはピカイチです。高価なケーブルですが、いろいろとケーブルをとっかえひっかえしなくてよくなるのである意味安いのかもしれません。関心のある方はアクセサリセンターの島田さんに問い合わせてみてくださいね。

posted by Akimitsu at 02:42| Comment(2) | TrackBack(0) | オーディオアクセサリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月17日

SRP-S5000

SonyのSRP-S5000を聞いたのですが、もう、がっくり。ポン置き+適当なケーブルであのあふれるエネルギー感とどこまであるんだろうと思わせるような音場が現れてしまうと…。それでいてどこかしっとりした音色を持っていたり。どういうSPなんだと思わされます。

と思いつつ仕様表を見ると、周波数特性は40-24,000Hz。例えば、17Hzまで伸びていると言われているBB5と比べると少々下が狭いかなぁ、と思いますがどうなんでしょう?そのあたりの周波数ってどれだけ影響があるのか、どこかで一度体験してみたいところです。うちのSPじゃ絶対出ない部分ですし(汗)

とはいえ、あの音色とスケール感は他で体験したことないですし。ここからセッティングなどを追い込んだときにどうなるか楽しみなところです。流行りの(笑)SS-TW100EDを付けてみたかったりもします。

そんなこんなでどうにかなっても、入手性が本当に最悪で、買えるときにそれがあるかどうかという問題が。ユニットは何とかなると思うんですけどね。ウーファ部はlogaudioのSU-L11がそのものなので入手性もいいのですし、高域のコンプレッションドライバも中古などで探しまくればなんとかなりそうです。残った箱が問題ですね。やっぱり純正の箱の方が設計した人の伝えたい音が出てくるのだろうし、あのコンパクトさも素敵です。と言いつつ、実は正面に大きく光り輝いているSONYのロゴに萌えたのが一番の理由だったり(爆)実は学校にあるんですが、それを譲ってくれ、というのもかなり無理そうな気がします(笑)

posted by Akimitsu at 16:49| Comment(6) | TrackBack(0) | 試聴記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月14日

タップは

お買い上げ頂きました。ありがとうございました。

posted by Akimitsu at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月08日

石井式セッティング?

いつもお世話になっているTAOさんの家で大セッティング大会があるということで、前日に無理を言ってお邪魔してきました。いらっしゃるのはかの有名なHOTEIさん。さぁ、どんな事が起こるのでしょうか。

いつものように電車に揺られてTAOさんの家に向かいます。今日は早めのスタートなので家の中は犬の気配だけ。リビングから出たウッドデッキでお昼をごちそうになり、早速スタート。

当日の詳細な様子はTAOさんのblogを見て下さい。もう、片っ端っからLVパネルやカーペットがどかされていくのは見ていて笑っていいのかどうなのか…ない方が部屋もスッキリしていていいんですけどね。

で、センターではほとんど聞いていないのですが、どんどん鳴り方が良くなっていくのがわかって面白かったですね。だんだんと部屋との一体感がとれていくといった感じでしょうか。逆にそういう風にセッティングしているともとれるようなやり方なので当たり前っちゃ当たり前かも。

具体的には

  1. 低域がしっかり鳴るところを部屋をうろうろしつつ耳で探す
  2. SP付近、リスニングポイントに向かう方向より少し内側に陣取って、ヴォーカルのヌケが良くなるところを探す
と至ってシンプル。石井式のページから考えると、ざっと探す場所は部屋の幅のn/9もしくはn/7あたりで、その近辺で決めたらあとは2番目の方法で追い込んでいく、というところでしょうか。基本的に1/9と7/9あたりもしくは1/11と9/11あたりが探しどころだと思います。

それにしても、LVパネルがあれだけ影響力があるとは…。今回は全部外してしまうことになりましたが、むしろ無くてもあれだけ追い込める事を知ってちょっとびっくり。これでもう一度導入したらどうなるのか、とかもしフラッターフリーだったらどうなるか、とか気になるところではあります。HOTEIさんは、ああいうパネルの類は良くないとおっしゃっていましたが、リトライしてみるのも悪くないでしょう(笑)マジで大変ですが(笑)

ということで、セッティングメソッド第2弾。家でもちょっと復習してみたのですが案外悪くないかもしれません。20畳くらいあればカルダスセッティングも良さそうですが、6畳だとこっちも選択肢に含めてもいいかもしれませんね。

posted by Akimitsu at 22:50| Comment(2) | TrackBack(1) | セッティング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。